まるばつ  ADMIN
--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2009.08.19
羊たちの沈黙
なんというか、レクター博士の演技が凄すぎた。
「羊たちの沈黙」といえばサスペンス?サイコ?の代表作ですが、
魅せ方が非常に上手い。
暴力的なシーンも死体が出てくるシーンもあって、それなりにグロテスクなはずだが
意外に観れる。
レクター博士の設定も面白い。
「まともで我慢強く抜群に分析能力のある狂った精神科医」
正常な中にある異常性というものが観るものを引き付けさせます。
だれしも、心の中に見えざる心があるもの。
それは暴力的な何かだったり、倒錯的な何かだったりします。
正常を助けるための異常性。
自分自身ではなくても、これは社会や世界にも適用できる。
布に落ちるインク。
共感というと語弊がありますが、どうしてもそこに引っ張られる。

しかし、
顔のパーツの動かし方、目の動き、視線。アンソニーホプキンスは名優ですね。
言葉を発しなくてもその異常性に観客は気づいてしまいます。


こういうスリラーな映画すきなんです。
ソウやホステルみたいなスプラッタホラーも
リングやらせんといったホラーもあまり観ませんが(観たくありませんが、
こういうやつだったら見れます。



ほらー、、、エクソシストだったらちょっと観てみたいかも。



久々に徹夜で映画観ました。
スポンサーサイト
日記。 | CM(0) | TB(0) | PAGETOP

★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。