まるばつ  ADMIN
--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2009.04.29
私を奴隷にしてください。
<イロンナ意味でまずい記事>


私の奴隷になりなさい (角川文庫)私の奴隷になりなさい (角川文庫)
(2007/12)
サタミ シュウ

商品詳細を見る


「奴隷になるということは自由を奪われることではない。
  隷属というのは、他のものに対して寛容になるということなのだよ」


昨日、衝動的に本を買いました。
ノンフィクションと詩の本とSMの本。
もう、自分が雑食すぎてわけがわかりません。

「私の奴隷になりなさい」
というSM小説を買いました。ペラッペラの薄い本で400円くらい。
手に取ったのは、どこかで紹介されていたのと表紙の写真に惹かれたから。
たしか、プロカメラマンとAV女優とかのコラボだったような。
凄く綺麗に撮れてるんですよね。
ヌードの写真集とかも見ますが、女の人の体ってなんであんなに綺麗なラインをしているんですかね?
写真をかじる身としては、一度ヌードを撮ってみたい・・・。

内容は、知的で美人だけど内向的な女性がSMという手段を通しながら、開けていくというもの。
とても複雑!というわけではありませんが、「あー、あるかもなぁ」と思ってしまうところも。
特に、性欲を感じさせることで一切の集中を性にもっていかせるところとか。
恋愛でも片思いでも、誰かを思うとそのことばかりになりますよね。その延長です。
行為の描写はそんなに激しくないです。どちらかといえば淡白。
フツーに読めます。ガールズコミックの方がよっぽど過激です。
個人的には、ご主人様が丁寧な言葉使いなところが良かった。
官能小説というよりは、プレイに細かい恋愛小説というところ。
官能小説の機能を十分果たしてるとは言いにくいですが、こういう小説が初めてSMもの初めてという方にはいいかも。
サクサク読めます。2時間くらいでした。



スポンサーサイト
日記。 | CM(0) | TB(0) | PAGETOP

★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。